宇野中の様子

令和5年度 今日の宇野中の様子

2年生「職場訪問」キャリア教育

ャリア教育の一環として、それぞれの生徒が自分の関心が高い業種に合わせてグループを形成し、ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル、掛谷建設、宮原製作所など玉野市内にある事業所を訪問しました。

    

 

 

 

訪問時には、見学やインタビューなど、多くの気付きと学びを得る機会となりました。

今後は、インタビューや調べたことを基に、学年で発表会を計画しています。

 

街頭募金を行いました

少し前になりますが、玉野市の社会福祉協議会の取組の「赤い羽根 共同募金」の街頭募金のボランティアに本校3年生が数名参加しました。宇野駅前とメルカ前で、多くのボランティアの方と一緒に呼びかけをしました。

 

 

 

 

地域社会と共同して取り組む活動がコロナ禍前に戻りつつあります。様々な活動に積極的に参加していきたいと思います。

人権集会を行いました!

人権週間に合わせて、全校で人権集会を行いました。

はじめに、各学級から、話し合って決めた「人権宣言」と、それに基づく実践報告を行いました。

 

 

次に、各学年の学級委員が、1年生は「長欠・不登校」、2年生は「障がい」、3年生は「ヤングケアラー」をテーマとした人権劇をしました。

 

 

 

人権についての正しい知識をもち、目の前の問題に気付く力を養うための機会となりました。一人一人の人権を大切にできる社会の担い手になれるよう、生徒と教職員がともに学びました。

 

3年生「たまの未来プロジェクト」学年発表会を行いました!

玉野市における課題を発見し、その解決に向けた具体的方策をまとめ、玉野市の未来の在り方について提言する「たまの未来プロジェクト」において各グループから発表する機会をもちました。

 

 

  

 

各班からの一方的な発表ではなく、ブースに分かれ、質疑応答を中心としたポスターセッション方式により、対話型を通じて学びを深める機会となりました。

 

 

あすなろの会

11月6日(月)

学校運営協議会と地域学校協働本部事業が連携して、キャリア教育の取組として「あすなろの会」を行いました。なお、本会は「明日は○○になろう!」の思いを込めて、「あすなろの会」と名付けました。

 

目的は主に次の2点です。

①中学生と地域の社会人、学生が世代をこえた交流を図る。

②進路選択の方法や働くことの意義などについて話し合うことにより、自分の将来の生き方を考える。

  

当日は、本校の中2約100名を対象に、玉野市立宇野中学校玉野総合医療専門学校の学生さん約30名、警察官・消防士・市役所職員・セレクトショップオーナー・イベントクリエイター・チョークアーティストなど様々な職種の大人約30名にご協力いただき、実施しました。

  

 

 

「大人のよいところ、子どものよいところ」「働く意義って」など、与えられたテーマについて、大人、学生、中学生が1つのグループになり、語り合いました。世代や個性によっての価値観の違い、その多様性から多くのことを感じることができたと思います。

  

会の最後には「職業人にインタビュー」を行い、仕事のやりがいや喜び、苦労など、様々な視点で話を聞くことができました。

 

生徒たちは、今回の交流を通じて、自分の明日以降のことを考えることができました。ご協力いただきました多くの皆様に学校として感謝しております。

ストリートピアノコンサート

クラウドファンディング事業として本校に設置した「ストリートピアノ」を、放課後の時間を使って、参加を希望する生徒・保護者・本校教職員を対象に、初のミニコンサートを行い、100人程度が聴きに来ていただきました。

 

今回はピアニストの「なんばまさる」さんに来ていただきました。

なんばまさるさんは、YouTubeは登録者が3万人を超えており、ピアノコンサートを岡山だけでなく、東京や神戸などの各地で演奏会をされており、YouTuberとしてというよりは、ピアニストとして活躍されています。

 当日は「超絶技巧系」ということで、ベートーヴェンの「月光ソナタ 第3楽章」、ショパンの「英雄ポロネーズ」、リストの「ラ・カンパネラ」などを弾かれました。また、アンコールではAdoさんの「唱」など。ポップスも弾かれました。

普段では味わえないプロの演奏を参加者みんなで楽しみました。

遠隔授業を行いました

英語科の取組として、和気町立和気中学校とオンラインでつなぎ、互いが住む地域を英語で紹介したり質問したりする授業を3年生対象に行いました。

 

互いが住む地域にある自然、名物、イベントなど、様々な違いを英語を通じて知る機会となりました。

宇野中学校芸術鑑賞教室を行いました!

宇野中学校芸術鑑賞教室として、映画「ちゃりへん」(脚本・監督 桑田浩一)

を鑑賞しました。

上映会では、始めに桑田監督ご本人から作品についてのお話しを伺いました。

桑田監督は美容師という仕事をしながら、夢であった映画監督に挑戦されています。 

地元を舞台とした映画を製作され、地域貢献、地域おこしにも取り組まれています。

 

同世代である中学生が幼なじみの病をきっかけに自分にできることを考えて、

春休みに愛犬チョコリーと自転車お遍路(ちゃりへん)をすることを決意します。

玉野、児島を舞台とした中学生が主人公の成長物語です。

 同世代の主人公を身近に感じ、子ども達はしっかりと鑑賞できていました。

また、映画の中に田井や後閑など見慣れた景色が広がりそこもまた映画を身近に感じられたのではないでしょうか。

 

第2回お弁当の日

10月31日に第2回お弁当の日を行いました。

ハロウィン当日だったこともあり、ハロウィンのデコレーションが多く、

見た目も彩りも鮮やかでとても楽しそうなお弁当が並びました。

いろいろな工夫もあり、賑やかなランチタイムとなりました。

 

 

 

何を食べようかと思案し、どうやったら自分でつくれるのかを調べて、材料を用意する。

自分の力で食べることに向き合う時間も特別なおいしさにつながったと思います。

 

1年生のテーマ 自分で買い出しに行って、自分でお弁当を作ろう!

2年生のテーマ 色とりどりのカラフルなお弁当を作ろう!

3年生のテーマ 中学校生活最後のお弁当を心を込めて作ろう!

さわやかサークル(チョークアート体験)

PTA活動「さわやかサークル」の活動として、チョークアート体験をしました。

講師にチョークアーティストの「つるりさん」を講師にお迎えして、ハロウィンのディスプレイに挑戦しました。

 

参加の皆様がそれぞれに考えた仕上がりになり、どの方も大変お上手でした。

 

また、参加者で懇親を深めることもできました。

今後とも「さわやかサークル」にご参加いただければと思います。

後期生徒総会を行いました!

10月13日(金)6時間目に、後期生徒総会を行いました。

教頭先生より、新役員が委嘱されました。

各委員会から令和5年度前期活動及び後期活動計画の報告があり、その報告を受け、数多くの質疑応答がありました。

 

 

生徒一人一人が宇野中学校の生徒会の一員である自覚を持ち、活動を理解して生徒会活動を行うための素晴らしい生徒総会であったと思います。

 旧執行部の皆さん、今まで宇野中学校をまとめてくれてありがとうございました。お疲れ様でした!

そして、新執行部の皆さん、これから1年間宇野中学校を支えていってください。よろしくお願いします!

 

令和5年度合唱コンクールを開催しました!!

令和5年10月28日(土)に、令和5年度合唱コンクールを開催しました!

 

今年からはマスクを外して歌うことができるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

どのクラスも自分たちの曲を大切に練習してあたためてきました。

緊張もあったと思いますが、堂々と素敵なハーモニーを響かせて客席に大きな感動を与えてくれたと思います。

   

<受賞クラス>

(1年)最優秀賞:C組

(2年)最優秀賞:C組 

(3年)最優秀賞:B組

     

 

 

どのクラスも、賞賛に値する本当に素敵な合唱でした。

 

上級生、下級生の互いの思いが伝わり合った価値のある経験をこれからの生活や人生に活かしてください。

 

☆ご鑑賞いただきました保護者の皆様には、学年ごとの入れ替わり等ご協力いただきましたことに感謝いたします。

合唱コンクール練習風景

いよいよ合唱コンクールも明日が本番となりました。

先週から放課後練習も始まり、校内あちこちで合唱の声が響いてきます。

どのクラスもそれぞれ工夫して練習に取り組んでいます。

一つ一つの音や歌詞にこだわり、アドバイスし合って日ごとに素敵な合唱に仕上がってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はきっと素敵な歌声を響かせてくれることと思います。

保護者の皆様、楽しみにお越しください。

 

赤ちゃん登校日

家庭科の授業の一環として、中学校3年生を対象に、将来、親になる可能性のある中学生が、子育てへの期待や自分の親から大切に育てられた存在であることの気付きを得ることを目的とする授業を、玉野市健康増進課、宇野中学校区愛育委員と宇野中学校が連携して実施しました。


実際に赤ちゃんと触れあったり、お母さんとの会話で子育ての喜びや大変さなどを聞いたりするなど、多くのことを体験しました。

 

 

 
授業の際には、伊原木県知事、柴田玉野市長なども視察に来られ、多くのマスコミも入り、この取組を紹介していただきました。

 

 

 

本取組は次のURLからご視聴いただけます。
https://news.ksb.co.jp/article/15015076
https://www.rnc.co.jp/nnn/news111t7yfggvuy66uzov1.html
https://www.webtsc.com/prog/news/news/19212/
天神ワイド 朝 RSKラジオ 2023/9/27(水) 10:17-12:00 https://radiko.jp/share/?t=20230927114953&sid=RSK #radiko

第59回体育会開催!

 

 9月16日(土) 

第59回体育会を開催いたしました。

気温も上昇し暑い日でしたが、生徒達は全力で演技・競技や係の運営に励み、大変素晴らしい体育会となりました。

すべての生徒達に感謝します。

 

  

  

  

 

  

 

 

 

        

 

 

 

  

         

 

 

 

          

 

 

   

     

   

  

 

体育会予行と体育会当日のプログラム

 9月13日(水)に体育会の予行を行いました。どの生徒も本番に向けて一生懸命取り組んでいました。体育会本番も楽しみにお越しください。

 暑い日が続いております。保護者の皆様も水分補給等体調に留意してご観覧いただきたいと思います。

 

ご案内とプログラムのリンクです。

令和5年度宇野中学校体育会について(ご案内・プログラム).pdf

           ↑

  ここをクリックすると表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

始業式

9月1日(金)
2学期の始業式を、暑さ対策としてオンラインで行いました。
校長から式辞は次のような内容でした。(一部要約)2学期もどうぞよろしくお願いいたします。

<式辞>
 1学期の終業式では、「0から1にする夏にしてみよう」という話をしましたが、皆さんにとっての1は見つかりましたか?
 夏休みに大学時代の同窓会がありました。今振り返ってみると、その時期は、様々な人との出会い、新しい分野への挑戦、次々に訪れる演奏の機会と新たな人との出会い、それらのすべてが今の自分を形作る必要な要素だったと思えます。
大学の4年間で大きく価値観が変わった学生時代を思い返した時、今皆さんに、『出会い』がどれだけ人生に大きく関わるものなのかを知ってほしいなと思います。
「0から1になる」ことは可能性の扉が開くこととも言えます。何か新しいことに対して、不安や心配よりも期待する気持ちを少し優先させるだけでよいのです。仮に「うまくできた」までいかなくても、チャレンジした経験が必ず次の機会に生きてくるものです。

2学期は、体育会や合唱コンクールなど、どの行事も、終わった時に「やってよかった」という行事であってほしいと思っています。
学校という場でしかできないこれらの行事は、学年を追うごとに進化をしていき、見えていることやできることが拡がっていきます。
そして昨年の自分を超えることで、確かに成長したと言えます。一人一人のピースが見事にはまった集団の力をぜひ見せてください!
毎年のように、素晴らしい演舞や歌声にふれることができ、宇野中学校生徒の底力を感じることができる、この2学期を本当に楽しみにしています。

学級旗


登校日などの放課後に、体育会に向けて、各クラスでデザインを考え、みんなで力を合わせて学級旗を作成しました。
体育会当日に披露しますので、ぜひ体育会にお越しいただき、完成したものをご覧いただければと思います。

 

 

 

 

清掃ボランティア

9月2日(土)
多くの保護者、生徒、教職員が参加して、PTA環境整備ボランティアを行いました。

 


暑さ対策として早朝から集まっていただき、雑草抜き、庭木の剪定、水路の砂上げなど校内全体の環境整備をしました。
ご参加の皆さんが時間いっぱい行っていただいたおかげで、校内がきれいになり、体育会もきれいになったグランドで実施できます。
本当にありがとうございました。

さわやかサークル

PTA活動の一環として、猪をメイン食材とした「ジビエ料理」沖縄料理風に調理しました。


今後も月1回程度で保護者同士の懇親を深める様々な活動を行います。事前に入会していない保護者の方もご参加いただける企画もあります。保護者の皆様の参加をお待ちしております。

非行防止・ネットモラル教室

玉野警察署と連携して、毎年1年生を対象とした非行防止・ネットモラル教室を行っています。内容は、身近にある危険なこと、特にスマホ等の利用からネットに潜む危険性を学習しました。

各教室で現役警察官の先生から、実際に起こっていることを含めて、講義していただきました。

縦割りレクリエーション

生徒会三役・学級委員会が主催して、A~Cのブロックごとに団結を深めるために、縦割りの様々な活動を行いました。最初は「Birthday-Line」をして、無言でジェスチャーをしながら、誕生日順に一つの輪になりました、

次に「八の字跳び」をして、みんなで息を合わせてタイミングよく飛んでいました。楽しく異学年交流をする場となりました。

 

一期一会

地域学校協働活動の推進員と地域のボランティアの方々が主催の茶華道体験の会を行いました。多くの生徒が参加して、茶華道の体験や地域・異学年の交流の機会となりました。

 

 
生け花は個性が溢れた素敵な仕上がりに。

 

 

 

 

会の最後には、お抹茶とお菓子をいただきました。

 

福祉体験学習

玉野市社会福祉協議会と連携して、1年生を対象とした福祉体験学習として

「車いす体験」

 

「トラストウォーク((目隠しをして)相手を信頼して歩く)」

「点字学習」

 

を行いました。
生徒たちの声から、

 

「実際に車いすを操作してみるとバリアや不便なことばかりで、体験してみると想像と違う」「目隠しして歩くとき介助者がいても怖かった」「点字は法則性により文字を表していることがわかった」など、多くのことを学ぶ機会となりました。

参観日・学級懇談会

6月7日(水)の参観日・学級懇談会には多くの保護者の皆様にお越しいただき、ありがとうございました。

写真は3年生の様子で、保護者と一緒に学年全体で活動を行いました。

 

 

 

今後も生徒たちの活躍をご覧いただけるように、学校全体で教育活動の充実に取り組んでまいります。

備前西地区大会

県大会の予選を兼ねて本大会が行われ、3年生部員は負ければ実質的には引退試合になります。どの運動部の生徒もこれまで練習した成果を十分に発揮してくれたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


陸上競技部、野球部、卓球部、テニス部は、県大会に出場することになりました。更なる飛躍に期待しています。

前期生徒総会

生徒会三役、専門委員長、質問者などの議論を通じて、自治の心を育み、生徒自ら学校生活をより良くしていくための議論の場として生徒総会が行われました。

 

 

 

各委員会の取組を中心として学校生活がさらに充実するように活発な議論が行われました。

後期生徒総会でも活発な議論を期待しています。

お弁当の日

食育の一環として、平成24年度より「食文化が人間を育てる」等をテーマとして、年2回の「お弁当の日」を実施しております。

家庭科での事前学習でお弁当のメニューを考え、自分で買い物をして自分で作る過程を通して、食への関心を高め、感謝の心を育む機会としています。

 

 
それぞれ頑張って作ったお弁当は、想像以上に上手に作られており、驚きました。

交通安全教室

安全教育の一環として、玉野警察署とJA岡山が連携して交通安全教室を行いました。

スタントマンによる事故の実演により、交通事故の起こる理由や恐ろしさを学ぶ機会となりました。

その様子がテレビ放映されました。https://www.youtube.com/watch?v=1DqJxMfBo9gよりアクセスしてご覧ください。

うのジロー

「あいさつ運動」などを通じて、学区全体で気持ちのよいあいさつができることを目的として、本校生活委員が学区の小学生にアンケートをしながら「うのジロー」を誕生させました。

  
今後は、「うのジロー」のイラスト入りのぼり旗をつくり、あいさつの啓発活動を行う予定です。

5月9日(火) 2年生 広島平和研修

広島平和記念公園とその周辺において、2年生対象の平和研修を行いました。

 

広島平和記念資料館の見学、

昼食のお好み焼き、

原爆の子の像の前での平和集会、

ボランティア ガイドの方との班別行動を行いました。

平和の大切さなどを体験的に学びました。

 

 

1年宿泊研修

倉敷市自然の家において,1年生対象の一泊二日の宿泊研修を行いました。

1日目はオリエンテーリング,

津島カップ(学年レク),

キャンプファイヤー

 

盛りだくさんのプログラムを通じて,人間関係を深めつつ,集団としての規律・協力・仲間意識などを高めました。

2日目は野外炊事でカレーを作り食べました。

どの班もおいしくできて,使った食器などはきちんときれいにできました。
互いを知り,共に多くのことを学んだ,これからの学校生活の礎となる二日間でした。

 

令和5年度 入学式を行いました。

4月11日(火)、参加者の拍手の中、新入生116名を迎えて入学式を行いました。

福本校長先生から「可能性と出会いという二つの言葉を贈りたい。出会いはすべてのことの宝となる。可能性はすべての人に与えられている。本校での多くの人との出会いを自分の可能性につなげてほしい。」とのあいさつがありました。

入学式での新入生の堂々とした様子に、これからの中学校生活での成長に期待がふくらみました。

これで、今年度の宇野中学校生318名が揃いました。

今年度も本校の生徒・保護者・教職員にとってよりよい学校となるように努めたいと思います。

令和5年度 始業式を行いました。

4月7日(金)、新2・3年生を迎え、始業式を行いました。

会に先立って新任式を行い、校長先生から新任者の紹介があり、

新任者代表の森教頭先生からのあいさつがありました。

その後、始業式を行い、福本校長先生から「何かの節目が過ぎると必ず何かが変わる。今は進級という節目。変わることを恐れず、前向きな姿勢で何事にも挑戦し、自分の「意識」を変えつつ成長してほしい。」とのあいさつがありました。