午後の通級指導教室

午前中の出張を終えて学校に帰ると、今日は家庭訪問のため、先生も子どもたちもおらず、閑散としていました。それでも学校に戻ると我が家に戻ったようにほっとします。

午後は、学区外から子どもたちが通級指導教室に来ているので、観に行きました。私を知らない子たちなのでモニターで様子を見せてもらいました。

落ち着いた学習環境で、今すべきことがわかり、見通しをもって勉強する表情は輝いています。

おうちでも、静かに読書したり、おしゃべりしたり、学習したことを確認したり・・・素敵な空間と時間を創ってみてくださいね。

東部地区カラオケ愛好者発表会

今日は、地域の方々とカラオケ大会でふれあうことができました。

若々しい歌声と輝く笑顔。地元を大切に思う心を感じました。緊張して歌った「365日、紙飛行機」に温かい拍手をありがとうございました。

校長先生 すげぇ!

昨日の雨模様から一転。今日は、この時期らしい、気持ちのよい快晴。

業間時間、運動場に出てみると、学年入り乱れて楽しそうにおにごっこをしていたり、フランコに乗っていたり・・・。胸上小の子どもたちは、外遊びが大好きで、いきいきとしています。

中学年の男子は、運動場のすみっこでカナヘビさがしをしていました。すると、小さなクモが1ぴき。採りたいけれど採れなさそうにしているので、そっと採ってやると、「すげぇ!クモ採った。」

こんなことでも、ほめてもらうとうれしいものです。

通級指導教室にて

今日は、通級指導教室で、2年生児童3人と、「すすめ こぶたくん」というゲームをしました。

簡単に言えば、すごろくのようなゲームですが、こぶたの上にこぶたが乗って、下のこぶたが進むと上のこぶたがいっしょに進んだり、ゴールしそうなこぶたに「待った」をかけることができたり・・・おもしろいルールが工夫されていて、子どもたちといっしょになって大人げなく楽しんでしまいました。

ゲームをしながら、先生たちは、一人一人の子どもに合った声かけをし、楽しさの中で、いろいろな力をつけさせ、自己有用感をもたせるようにしています。

自分が発する言葉や行動が、子どもたちの成長に大きく関わることを再確認し、いっしょにいると安心し、楽しいと感じられる校長先生でありたいと思いました。

初めての参観日

新年度初めての授業参観、学級懇談、PTA総会・部会にご参加いただきありがとうございました。大勢の保護者の皆さんが参加してくださっていることに感激!

1年生は、入学してまだ1週間。午後の授業参観ということで、どうなるか心配でしたが、みんな、緊張しながらものびのびと楽しく勉強していました。

どの学年も、落ち着いた環境でいきいきと学習しており、私も教室に入って学びたくなりました。

夕方、校舎の3階から外を眺めると初めて見る景色が目に飛び込んできました。今日まで、ゆっくり景色を眺める心のゆとりがなかったのでしょうか。

明日からは、美しい東児地区の風景と子どもたちの顔をゆっくり、たっぷり見ていきたいものです。