温かい地域の見守り

  • 印刷

今朝の登校時のこと。子どもの帽子が用水路に落ち、拾い上げたもののどろどろでした。近所の方が「洗って干しておいてあげる。」と言ってくださいました。「ありがとうございました。」とお礼を言って学校に戻っていると、さっきの方が帽子を乾かし、アイロンまでかけて持ってきてくださいました。

なんと温かい心遣い・・・。温かく見守られ、支えられて胸上小の子どもたちは、成長していきます。

下校時、ぱりっとアイロンのかかった帽子をかぶったうれしそうな子どもの顔を見ていただきたかったなあ。ありがとうございました。