学校の特色

学校の特色

 分校のある石島は、香川県との県境をもつ島です。県境があり人の住んでいる島は日本でもわずかしかありません。主として漁業を主産業としています。冬季は海苔の養殖をしていて、胸上港から石島へ続く海上には海苔の養殖網が海いっぱいに広がっているのが見えます。世帯数は37戸、人口は103(平成22年4月1日現在)で年々減っています。

 定期航路はなく、スクールボートが石島・胸上港間片道6㎞を約15分かけて日に3往復しており、中学生と石島分校教職員・給食の輸送を担っています。

 石島分校は明治24年に胸上村簡易小学校石島分教場として誕生しました。昭和34年には69名の児童が通っていました。その後は年々児童数が減り、今年度から児童は5年生の男子一人になりました。保護者や地区の方々は、学校に対して非常に協力的です。

地図