ハローアメリカ ~20th anniversary~

 日比小学校のスペシャルデーは、なんと言ってもハローアメリカ!

5月25日、この日は朝から子どもたちのワクワクが  学校中にあふれていました。

004 99

今年もまた、アメリカのアーカンソー大学からスタップ教授と10名の学生さんが日比小学校に来てくださいました。

 特に、今年は、記念すべき20回目のハローアメリカです。

スタップ教授からは記念のトロフィーがプレゼントされました。

015 78

そして、教授の好きな「いろはもみじ」もいただき、校庭に記念植樹。

154 94

005 97

 

子どもたちが考えた それぞれの学年らしい交流ができ、ワクワクは1日中続きました。

085 98052 98

053 98222 98

 205 99253 98

日比小学校のこのスペシャルな1日のために

今年もまた、たくさんの方にスペシャルなご協力をたくさんしていただきました。

本当に、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

241 98

ようこそ先輩 ~ウナギ博士来校~

1学期のスペシャルゲスト!

日本大学教授 塚本勝巳先生。

世界で初めて天然うなぎの卵の採取に成功し、

世界のウナギ博士として有名です。

著書の「ウナギのなぞを追って」は、4年生の国語の教科書に掲載されるほどです。

その塚本先生は、なんと日比小学校の卒業生。

5月14日、日比小学校に来てくださいました。

093 99

前半は、全校児童に先生の子どもの頃の話や

研究者をめざすきっかっけなどを話していただきました。

 

後半は、国語で既に学習している5・6年生に

「うなぎはどこで生まれるのか」という謎を追い続け、解き明かしていく研究の過程を

熱く、そして楽しくお話してくださいました。 

129 99

 

133 99

「研究に終わりはない」

と、瞳を輝かせて子どもたちに語ってくださった塚本先生。

塚本先生も学んだこの場所は

全ての子どもたちの夢の原点なのです。

梅雨明け☀

「ラッキー!船が見えた!」

011 77

月曜日の6校時、「おさらい会」が終わって教室を出たとたん

3年生の女の子がうれしそうにつぶやく。

昨日までの激しい雨が嘘のように空は晴れて

遠くに見える海を ゆっくり船が進んでいる。

放課後、地域の方に1時間算数を教えていただき、

集中してがんばった後のこの景色は、格別だっだのでしょう。

日比小の1棟の3階からしか見ることのできない特別な景色です。

 

この日の5校時は猛暑の中、中学生が「自転車の乗り方」について出前授業に来てくれました。

008 77

006 78

 

今年の3月まで小学生だった先輩が、立派な中学生なって教壇に立ちます。

こうやって、身近な先輩の姿をお手本にして子どもたちは、育っているのです。

 

003 77

7月9日、抜けるような青い空。

中国地方は梅雨明けしました。

でも、同じ空の下、

今まで経験したことのない大雨で被害に遭われた方がいらっしゃることを思うと

悲しい色に感じます。

 

今回の豪雨で被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

ひび・夢チャレンジ

「ひび・夢チャレンジ」

今年度の日比小学校のスローガンです。

002 94

私たちは、日比小学校の日々の教育活動全てを子どもたちの夢につなげます。

そして

日比小学校の日々の学校生活が自分の夢につながっていることを理解し、

様々な活動に積極的にチャレンジしようとする子どもを育てます。

 

そのために、

活動の目的を明確にします。

活動に意味をもたせます。

小さな成長を見逃しません。

失敗しても、挑戦できたこと、挑戦しようとしたことを認めます。

 

勉強も遊びも掃除も…

苦手なことや初めてのことにも 勇気をもってチャレンジすると

できることは確実に増え

結果、夢の選択肢は増えます。

 

学校だからできること。

それは、子どもたちの未来のために「できる」「できた」を増やしてあげること。

 

友達がいたからできた。

友達がいたからチャレンジできた。

 

苦手だと思っていたことに、子どもたちの本当の才能が 隠れているかもしれません。

 

 

スタート!

春爛漫の4月11日、日比小学校に15人の1年生が入学しました。

034 12

 いい姿勢で担任の先生とお勉強

005 12

そして、仲良く下校します。

 

1年生が緊張して臨んだ入学式の裏には、こんなお兄さん、お姉さんの頑張りがありました。

08 12

010 12

013 11

030 11

011 12

1年生を迎えるために心を込めて準備していました。

ありがとう。心やさしく、働き者の高学年。

 

新入生はもちろんピカピカの1年生…実は6年生もピカピカの最高学年なのです。

でも

008 111

このふれあいが

035 111

この笑顔が

045 12

この手の温もりが

6年生を たくましい最高学年にしてくれています。

 

002 111

「校長先生、さようなら!」

遠くにいる私を見つけて笑顔で手を振る1年生。

明日もまた、やさしいお兄さんお姉さんと一緒に元気に登校してくださいね。