いつの間にか…パート2

総合的な学習の時間に高齢者について学んだ4年生。

11月27日、社会福祉協議会の方のご指導のもと、高齢者模擬体験をしました。

025 g028 g

今の自分たちには簡単にできる階段の上り下りも、字を書くことも、

読むことも、物をつかむことも大変なことだと気づきました。

そして、和田地区の一人暮らしの高齢者のお宅に婦人会の方が作ったお弁当(お寿司)を

地域の方が配る取り組みに参加させてもらうことにしました。

配るお弁当は200食。

4年生が全校に呼びかけ、日比小児童全員でお弁当に添える手紙を書きました。

 

12月2日(土)当日は、4年生11人が、お弁当配りのお手伝い。

056 g083 g

「いつまでも、元気でいてください。」

そう言って手渡すと、みなさん満面の笑顔で受け取って下さいました。

「もう、終わっていいよ。」と民生委員さんが言ってくださっても

「最後までしたい!」と子どもたち。

いつの間にか…

地域に目を向けることができる4年生に成長していました。

 

 

「お役に立ち隊です。何かお手伝いして欲しいことはありませんか。」

と校長室を訪れたのは、3年生。

総合的な学習の時間に自分たちにできることを考え、掃除をしたり、下級生のお世話をしたり

学校のために働いてくれているのです。

「もっともっと、あいさつのできる学校にしたいのですが、

どうしたらいいか考えてくれませんか。」

と、お願いすると、一瞬驚いたような表情でしたが、元気に校長室を後にしました。

004 g

さて、やる気満々の3年生はどんな行動にでるのでしょうか。

 

003 g

12月11日、寒い寒い朝。

毎朝、校門の下であいさつ運動をしている運営委員会のお兄さんお姉さんに混じって、

たすきをかけて、あいさつ運動を始めたのです。

あいさつの声はいつもの何倍もパワーアップ。

010 d

あいさつ運動を終え、担任の先生と朝日を浴びながら

教室に向かう後ろ姿がとても頼もしく見えました。

いつの間にか…

自分以外の人に目を向けることができる3年生に成長していました。

3年生のあいさつ運動は今週も続いています。

 

3年生も4年生も教室を飛び出し、誰かのために何かをしようと行動を起こしました。

それは、日頃から高学年や保護者や地域の方、身近な大人の姿を見ているからこその行動です。

そして、周囲の人からの愛情を感じているからこその行動です。

子どもたちの成長した姿に、

人との関わりで人は育つのだと強く感じた12月でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつの間にか…パート1

風が吹くたびに舞い落ち、子どもたちを喜ばせていた銀杏も

真っ赤に色づいた紅葉をまとっていた像も

038 d036 f

いつの間にか…

094 d020 d

木々たちも冬を乗り超える準備です。

そして

007 d

12月12日には、運動場一面が雪化粧。本格的な冬の訪れです。

 

でも、寒い冬がやってきても、日比小学校の子どもたちは元気いっぱい。

毎日、運動場には子どもたちの元気な声が響いています。

026 d

「寒さを吹き飛ばそう!」と全校で行った「新聞紙玉入れ」。

準備をしてくれたのは、運営委員と6年生。

いつの間にか、寒さを忘れ、

いつものように、学年を超えて楽しんでいるすてきな子どもたち。

初雪の翌日、12月13日、水曜日の風景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動会で育つ

いよいよ9月24日は、日比小学校の大運動会です。

子どもたちの表情も真剣そのもの。

かっこいい 高学年

051 c

元気いっぱい 中学年

086 c

かわいい 低学年

038 c

どの学年も、本気でがんばっていることが、体中から伝わってきます。

001

全校練習も応援も びしっと決まって すばらしい!

 

でも、日比小学校の子どもたちの 本当にすごいところは、

074 c

運動会の練習が終わるとすぐに、当たり前のように、次の授業に集中できるところ

090 c

当たり前のように、くつが揃っているところ

091 c

当たり前のように、掃除に励むところ

036d

当たり前のように、仲間と一緒に準備や練習を楽しめるところ

 

階段の踊り場には、体育主任がこんな掲示をしています。

006 d 

運動会でがんばることは、そのまま学校生活に生かされているのです。

036d

運動会当日も、今日のような青空になりますように。

実りの秋

一雨ごとに 秋が深まっています。

280

11月初日は、真っ青な秋空に一筋の飛行機雲。

この美しさには、授業中の子どもたちも、目を奪われたようです。

そして、校庭の木々も一斉に色付いてきました。

268  

日比小の子どもたちも、実りの秋を迎えています。

266  

002

学習発表会まであと、5日。

休み時間も、自主的に練習している姿に感心します。

275

11月18日土曜日

大好きなおうちの方と地域の方の暖かい眼差しのもと

子どもたちは一生懸命、発表します。

子どもたちの努力が実る学習発表会になるよう

当日は、クラスが一丸となって取り組んだ練習風景にも思いを馳せながら

ご観覧下さい。

036

体育館でお待ちしています!!

校歌

「子どもたちの元気のいい声で、校歌が聞こえてきてうれしかったです。」

「私もうちの子も歌った校歌、懐かしいですね。」

運動会の練習まっただ中のある日

学校の近所の方がこう言ってくださいました。

練習の声や音が近所の方の迷惑になっていないだろうかと心配していたのですが

みなさん、「ぜんぜん気になりませんよ」とか「よく、挨拶もしてくれますよ」と

おっしゃってくださり、地域の皆さんの暖かさに改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

日比小学校の校歌、卒業生の皆さんはまだ覚えていらっしゃいますか。

とてもすてきな校歌です。

       ~日比小学校校歌~     作詞 藤原 堅  作曲 呉 泰次郎

020 c                                                           

むらさき匂う ひびき灘    白帆はうかぶ 朝風よ

まなびの道を ひたすらに   みんな仲よく 手をつなぐ

ぼくらの日比校 たのしいな

008 c

夕やけ雲に あかあかと   山なみ燃える 遠い空

やすまずかよう 頰紅く   胸さわやかに 高鳴って

わたしの日比校 ほがらかだ

037

緑の蘇鉄 そびえ立ち   古き歴史を ものがたる

声高らかに よい子らが   うたって日毎 はげみましょう

われらの日比校 伸びてゆく

 

今、子どもたちが見ている同じ景色を 多くの先輩方もながめ

ここで、学んでいたのですね。

 

運動会の開会式の練習で、声高らかに校歌を歌う子どもたち。

111年の歴史ある日比小学校で学ぶことに誇りをもち

暖かい地域の方たちに支えられていることに感謝できる

そんな子どもたちに育ってほしいと思っています。