「ありがとう」がいっぱい!

「ありがとうを伝える学期にしよう」

始業式に、子どもたちにそう話してスタートした3学期でした。

 

ボランティアありがとう会で

015 mnb049 mn

054 mn

地域の皆さん、ありがとう!

 

6年生を送る会で

010 nn086 m

105 22

6年生、ありがとう!

 

二分の一成人式で

020 mm

家族に、ありがとう!

 

そして、校長室にもこんな「ありがとう」が届きました。

021 mnm022 m

 

卒業式前に、一生懸命掃除をする下級生

006 m007 mnm

こんな姿からも、ありがとう!が伝わってきます。

3学期の日比小学校には、「ありがとう」がいっぱい!

 

002 bnm

3月30日。

春休みの運動場には、4月の訪れを待ちきれなかった桜が、一斉に花を咲かせました。

その満開の桜が、子どもたちの温かい心が咲かせた「ありがとうの花」のように感じるのは、私だけでしょうか。

005 mnb

もうすぐ…パート2

今年度最後の参観日。

007 22

5年生は、総合的な学習の時間に学んだ茶道のお点前をおうちの方に披露しました。

3ヶ月後には、ハローアメリカでアーカンソー大学の学生さんをおもてなしします。

 

028 ab

新1年生との交流給食で、園児を和ませようとする姿も頼もしい。 

034 ab

 

6年生から伝統を受け継ぎ

065

もうすぐ…最高学年。

そして、もうすぐ…卒業式。

日増しに表情がきりっと引き締まってきた5年生。

065 22

さあ、6年生からバトンをもらう日が、近づいています。

いつの間にか…パート2

総合的な学習の時間に高齢者について学んだ4年生。

11月27日、社会福祉協議会の方のご指導のもと、高齢者模擬体験をしました。

025 g028 g

今の自分たちには簡単にできる階段の上り下りも、字を書くことも、

読むことも、物をつかむことも大変なことだと気づきました。

そして、和田地区の一人暮らしの高齢者のお宅に婦人会の方が作ったお弁当(お寿司)を

地域の方が配る取り組みに参加させてもらうことにしました。

配るお弁当は200食。

4年生が全校に呼びかけ、日比小児童全員でお弁当に添える手紙を書きました。

 

12月2日(土)当日は、4年生11人が、お弁当配りのお手伝い。

056 g083 g

「いつまでも、元気でいてください。」

そう言って手渡すと、みなさん満面の笑顔で受け取って下さいました。

「もう、終わっていいよ。」と民生委員さんが言ってくださっても

「最後までしたい!」と子どもたち。

いつの間にか…

地域に目を向けることができる4年生に成長していました。

 

 

「お役に立ち隊です。何かお手伝いして欲しいことはありませんか。」

と校長室を訪れたのは、3年生。

総合的な学習の時間に自分たちにできることを考え、掃除をしたり、下級生のお世話をしたり

学校のために働いてくれているのです。

「もっともっと、あいさつのできる学校にしたいのですが、

どうしたらいいか考えてくれませんか。」

と、お願いすると、一瞬驚いたような表情でしたが、元気に校長室を後にしました。

004 g

さて、やる気満々の3年生はどんな行動にでるのでしょうか。

 

003 g

12月11日、寒い寒い朝。

毎朝、校門の下であいさつ運動をしている運営委員会のお兄さんお姉さんに混じって、

たすきをかけて、あいさつ運動を始めたのです。

あいさつの声はいつもの何倍もパワーアップ。

010 d

あいさつ運動を終え、担任の先生と朝日を浴びながら

教室に向かう後ろ姿がとても頼もしく見えました。

いつの間にか…

自分以外の人に目を向けることができる3年生に成長していました。

3年生のあいさつ運動は今週も続いています。

 

3年生も4年生も教室を飛び出し、誰かのために何かをしようと行動を起こしました。

それは、日頃から高学年や保護者や地域の方、身近な大人の姿を見ているからこその行動です。

そして、周囲の人からの愛情を感じているからこその行動です。

子どもたちの成長した姿に、

人との関わりで人は育つのだと強く感じた12月でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ…パート1

去年の4月、2年生に手をひかれて、学校探検に訪れた1年生が

022 ab  

新しく入学してくる幼稚園、保育園のお友達の手をひいて校長室にやってきました。

011 ab013 ab

2月6日。この日は、新1年生の体験入学。どの顔も、もうすっかりお兄さん、お姉さんです。

 

006 j005 j

しっかり考え、しっかり伝え、しっかり聞く、授業の中での学び合いも、板についてきました。

074 ab

ノートもバッチリ!!

正真正銘、りっぱな小学生。

もうすぐ…2年生。1年生のお手本になる番です。

 

姿勢よく、真剣に授業に臨んでいるのは、2年生。

002 k

 どんな時も、1年生のお手本になって、がんばってきた2年生です。

 

 DSC 0181 1DSCN0406

1月26日。この日は、保育園に出向き、自分たちが作ったすごろくをしたり、

いろいろな遊びをしたりして一緒に過ごしました。

顔をのぞきこんだり、膝を曲げたりと園児に合わせてあげている姿がすてきです。 

DSC 0237

頼もしく自信にあふれたりっぱな2年生。

もうすぐ…3年生。中学年の仲間入りです。

 

きらきら瞳を輝かせて、新しいことにチャレンジしてきた子どもたち。

 1年生も2年生も、人との関わり合いの中で学習規律を身につけ、

相手のことを考えることのできる子どもたちに成長しています。

 

 

いつの間にか…パート1

風が吹くたびに舞い落ち、子どもたちを喜ばせていた銀杏も

真っ赤に色づいた紅葉をまとっていた像も

038 d036 f

いつの間にか…

094 d020 d

木々たちも冬を乗り超える準備です。

そして

007 d

12月12日には、運動場一面が雪化粧。本格的な冬の訪れです。

 

でも、寒い冬がやってきても、日比小学校の子どもたちは元気いっぱい。

毎日、運動場には子どもたちの元気な声が響いています。

026 d

「寒さを吹き飛ばそう!」と全校で行った「新聞紙玉入れ」。

準備をしてくれたのは、運営委員と6年生。

いつの間にか、寒さを忘れ、

いつものように、学年を超えて楽しんでいるすてきな子どもたち。

初雪の翌日、12月13日、水曜日の風景です。