【今日の玉中】1学期終業式を行いました

7月19日(月)1学期の終業式を行いました。生徒は整然ときちんとした態度で式に臨んでいました。校長からは「終業式は節目の日であり、1学期を振り返る日でもある。漠然と振り返るのではなく、「何が、どのように」という具体的な振り返りをして欲しいという話がありました。また、今、社会に必要とされている力として「主体性」「多様性」「協働性」がある。大谷翔平選手の「先入観は可能を不可能にする」という話やチャンスの神様の話を通して、この夏休みを「主体的に」過ごして欲しいと話がありました。その後、生徒会長からは、2学期からも様々なことに頑張っていきましょうと呼びかけがありました。有意義な夏休みを送って欲しいと思います。