学力向上

 子どもたちの学びを保障するために,市費による小学校での35人学級と小学校で学力に課題のある学級への非常勤講師配置,中学校の学習支援のための非常勤講師配置等の人材支援や英語教育充実のためのALT全校配置,各地域でのおさらい会の実施等に取り組んでいます。
 また,県の「魅力ある授業づくり徹底授業」の活用や授業公開の推進,研修会の充実等を図りながら,「わかる授業」の構築に取り組んでいます。

  ◆学力向上推進体制の充実
  ・市費による35人学級の実施
    35人学級実施に積極的に取り組み,きめ細やかな指導の充実を図ります。
  ・小学校学力・人間力育成事業による市費非常勤講師配置
  ・中学校学力・人間力育成事業による市費非常勤講師配置 

  ・中学校基礎学力育成事業による市費非常勤講師配置 

 ◆英語教育推進事業によるALT(外国語指導助手)の全校派遣
  ・ALTを市内の小・中・高等学校に派遣し,生きた英語に触れさせることで,国際人としての資質を養います。

 ◆英語スピーチコンテストの実施(開催要項)
  ・中学生を対象として英語スピーチコンテストを開催し,英語への興味関心の育成と言語力の育成に取り組みます。

 ◆各校の「学力向上プラン」の作成と活用
  ・各校では,国や県の学力・学習調査を分析し,課題を明らかにして「学力向上プラン」を作成して特色ある学力向上のための取り組みを推進しています。

 ◆各地区のおさらい会の推進(社会教育課の取組)
  ・各地域で地域ボランティアの方がおさらい会を実施し,子どもたちの基礎学力向上に取り組んでいます

 ◆小学校基礎計算力プリントの作成と活用による基礎学力の定着
    ・基礎計算力プリント   

 

「平成30年度全国及び岡山県学力・学習状況調査」結果について

平成30年4月17日(火)に平成30年度全国及び岡山県学力学習状況調査を実施しました。
 
 この調査は、全国の小学校第6学年及び中学校第3学年、岡山県の小学校第3~5学年、中学校第1、2学年の子どもたちの学力や学習状況を把握・分析し、学校における取組の充実や学習状況の改善等に役立てるためのものです。
 

 
今回の調査での本市の参加状況は以下の通りです。
 
 
  参加児童数 参加生徒数
平成30年度 小学校3年生 388人 中学校1年生 381人
小学校4年生 411人 中学校2年生 386人
小学校5年生 401人  
 
 
 また、今回の調査での本市の調査結果は以下の通りです。
                  数値は全国値の正答率を50としたときの換算率(標準スコア)
  小学校3年生 小学校4年生 小学校5年生
国語 算数 国語  算数 国語  算数 
48 47 49 48 48  48 
50 49 50 49 49  49 
 
  中学校1年生 中学校2年生  
国語 数学 国語 数学 英語
48 51 51 52 52
50 50 51 52 51
 
 
 
 
 
<全国調査>
今回の調査での本市の参加状況は以下の通りです。
    
    <県:小学校 16,270人 中学校 15,737人>
  参加学校数 参加生徒数
平成30年度 小学校14校 小学校6年生 418人
中学校 7校 学校3年生 452人
 
 
 また、今回の調査での本市の調査結果は以下の通りです。
                         数値は平均正答率(%)
  小学校6年生   中学校3年生
国語A 国語B 算数A 算数B 理科 全体   国語A 国語B 数学A 数学B 理科 全体
70 54 61 48 61 58.8   76 58 65 45 66 62.0
71 54 62 50 60 59.4   76 59 65 44 66 62.0
70.7 54.7 63.5 51.5 60.3 60.1   76.1 61.2 66.1 46.9 66.1 63.3
※A…主として「知識」に関する問題  B…主として「活用」に関する問題
 
 

 
児童生徒の学習状況調査からは、本市の特徴として、休日の家庭学習の時間の少なさや、ゲーム、携帯・スマホの利用時間の長さなどが明らかになっております。
 
詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
この結果を受けて、教育委員会では、「たまのっ子学力向上プロジェクト」を推進いたします。
 
 
 
 
 

「平成29年度全国及び岡山県学力・学習状況調査」結果について

平成29年4月18日(火)に平成29年度全国及び岡山県学力学習状況調査を実施しました。
 
 この調査は、全国の小学校第6学年及び中学校第3学年、岡山県の小学校第3~5学年、中学校第1、2学年の子どもたちの学力や学習状況を把握・分析し、学校における取組の充実や学習状況の改善等に役立てるためのものです。
 

 
今回の調査での本市の参加状況は以下の通りです。
 
 
  参加児童数 参加生徒数
平成29年度 小学校3年生 406人 中学校1年生 393人
小学校4年生 406人 中学校2年生 453人
小学校5年生 414人  
 
 
 また、今回の調査での本市の調査結果は以下の通りです。
                         数値は平均正答率(%)
  小学校3年生 小学校4年生 小学校5年生
国語 算数 国語  算数 国語  算数 
78 73 68 74 73  67 
77 73 70 75 74  70 
 
  中学校1年生 中学校2年生  
国語 数学 国語 数学 英語
73 68 71 62 64
73 67 70 59 60
 
 
 
 
 
<全国調査>
今回の調査での本市の参加状況は以下の通りです。
    
    <県:小学校 15,909人 中学校 16,226人>
  参加学校数 参加生徒数
平成29年度 小学校14校 小学校6年生 388人
中学校 7校 学校3年生 432人
 
 
 また、今回の調査での本市の調査結果は以下の通りです。
                         数値は平均正答率(%)
  小国A 小国B 小算A 小算B 小全体   中国A 中国B 中数A 中数B 中全体
73 55 77 42 61.7   79 73 66 50 67.0
75 58 79 46 64.5   77 71 64 47 64.7
74.8 57.5 78.6 45.9 64.2   77.4 72.2 64.6 48.1 65.6
※A…主として「知識」に関する問題  B…主として「活用」に関する問題
 
 

 
児童生徒の学習状況調査からは、本市の特徴として、休日の家庭学習の時間の少なさや、ゲーム、携帯・スマホの利用時間の長さなどが明らかになっております。
 
詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
この結果を受けて、教育委員会では、「たまのっ子学力向上プロジェクト」を推進いたします。
 
 
 
 
 

平成30年度使用小学校教科用図書の採択について

今年度、平成30年度に小学校で使用する【特別の教科 道徳】の教科用図書の選定を行いました。玉野市は市単独で教科書採択を行っています。教科用図書選定委員会を開催し、各教科用図書について教科書会社から送られてきた見本全ての中から、本市の子どもたちにふさわしい教科用図書を選定し、最終的に、教育委員会で決定しています。

選定された教科書の一覧と選定理由を公開いたします。
(クリックするとPDFファイルが開きます)

教育委員会・選定委員会の議事録概要はこちらです
(それぞれ、クリックするとPDFファイルが開きます。)

第1回教科書採択に係る教育委員会(平成29年5月9日開催)
第1回小学校教科用図書選定委員会(平成29年5月26日開催)
第2回小学校教科用図書選定委員会(平成29年7月20日開催)
第2回教科書採択に係る教育委員会(平成29年7月25日開催)

教科書の研究資料と、教育委員会に答申された選定委員会報告書はこちらです。
(それぞれ、クリックするとPDFファイルが開きます。)

選定委員会報告書
教科用図書研究資料

教科用図書選定委員の一覧はこちらです。
(クリックするとPDFファイルが開きます)

平成29年度英語スピーチコンテストを開催しました!

 平成29年8月26日(土)荘内市民センターにおいて、第18回玉野市英語スピーチコンテストが開催されました。

 本市では、国際社会でいきいきと活躍できる生徒を育成するとともに、英語で伝える喜びを感じ、生徒が世界に目を向け、自らの可能性を伸び伸びと追い求める心を養うことをめざし,中学生を対象に英語スピーチコンテストを行っており、今回で18回目となります。今年は個人14名、ペア8組16名の計30名の中学生が出場しました。
 出場者は発音や声の大きさ・抑揚を意識し、思いのこもった最高のスピーチをするために身振り手振りを入れながら、精一杯のスピーチ発表をしました。 
 当日は多くの保護者の皆様や関係の方々(後援の国際ソロプチミスト玉野・先生)の盛大な応援があり、出場者の励みとなったことを感謝しています。

<第18回玉野市英語スピーチコンテストの受賞者>

第1位 日比中学校  中浦 陽子 さん<個人>

第2位 日比中学校  横山 咲季 さん<個人>(1組目)

第2位 宇野中学校  江原 百栄 さん・三宅 颯己 さん<ペア>(2組目)

※第2位は出場順

「平成28年度全国及び岡山県学力・学習状況調査」結果について

 

平成28年4月19日(火)に平成28年度全国及び岡山県学力学習状況調査を実施しました。
 
 この調査は,全国の小学校第6学年及び中学校第3学年,岡山県の中学校第1学年の子どもたちの学力や学習状況を把握・分析し、学校における取組の充実や学習状況の改善等に役立てるためのものです。
 

 
 
<岡山県調査>
今回の調査での本市の参加状況は以下の通りです。
 
    <県:16,268人>
  参加学校数 参加生徒数
平成28年度 中学校 7校 中学校1年生 460人
 
 
 また,今回の調査での本市の調査結果は以下の通りです。
                         数値は平均正答率(%)
  4教科 国 語 社 会 数 学 理 科
64.4 65.0 58.9 70.3 63.2
62.7 64.9 57.3 68.1 60.3
 
 
 
 
 
<全国調査>
今回の調査での本市の参加状況は以下の通りです。
    
    <県:小学校 16,408人 中学校 16,613人>
  参加学校数 参加生徒数

平成28年度
小学校14校 小学校6年生 410人
中学校 7校 学校3年生 513人
 
 
 また,今回の調査での本市の調査結果は以下の通りです。
                         数値は平均正答率(%)
  小国A 小国B 小算A 小算B 小全体 中国A 中国B 中数A 中数B 中全体
72.0 56.0 76.6 46.8 62.9   77.2 65.7 64.3 44.3 62.9
72.6 57.5 77.2 47.3 63.7   74.7 63.8 60.3 41.4 60.0
72.9 57.8 77.6 47.2 63.9   75.6 66.5 62.2 44.1 62.1
※A…主として「知識」に関する問題  B…主として「活用」に関する問題
 
 

 
児童生徒の学習状況調査からは,本市の特徴として,休日の家庭学習の時間の少なさや,ゲーム,携帯・スマホの利用時間の長さなどが明らかになっております。
 
詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
この結果を受けて,教育委員会では,「たまのっ子学力向上プロジェクト」を推進いたします。