東京2020大会マスコット投票を実施しました!

 胸上小学校の4年生のクラスで、12月18日(月)にマスコット投票が行われました。
 最初に、校長先生からクーベルタンの言葉が紹介され、児童は、五輪は参加することに意義があることや、努力することが人生で大切であることを学びました。
 その後、マスコット案のそれぞれの特長について話し合いました。授業が終わる頃には、児童の意見で黒板がぎっしり埋まりました。
 

 投票は、児童それぞれが事前に自分の意見を記載していたワークシートの一番下に、他の児童の意見も踏まえて、投票するマスコットを記入しました。友達の意見を聞いて悩みに悩んだ末、投票するマスコットを変えた児童もいたようです。先生が1票ずつ投票結果を読み上げ、黒板にチェックされると、児童から歓声が上がりました。
 

 投票が終わった後、児童からは、どの案も様々な特長があって良かったことや、最終投票結果が出るのが楽しみなこと、投票を通じてオリンピック・パラリンピックを身近に感じたこと、などの感想がありました。
 玉野市は全国に先駆けて「マスコット投票宣言」を行い、市内の小学校で投票を順次実施しています。

DSC 0350DSC 0381DSC 0363