玉野商業高校へ機械系学科新設

 玉野商業高校は、地元貢献を推進しつつ、各種検定の取得や商品開発・地域ボランティア等の様々な成果を打ち出しているところです。

 平成28年度から、今後の商業高校の今後の在り方を研究し、地元企業の皆様等様々な方からの御意見をいただきつつ、地域に貢献し、激変していくこれからの社会において、強い意志を持って創造性豊かに生きていく人材の育成を図るため、機械学科の新設を決定したところです。

 この機械学科は、学校の枠にとらわれず、地元企業と連携を密にしながら、高い技術力を身につけ、各種資格を積極的に取得することで社会の即戦力となる人材を育成することを目指す予定です。

 商業高校に工業系の機械学科が新設されることで、商工教育を推進し、「ものづくりのわかるビジネスマン」「ビジネスのわかる技術技能者」の育成に取り組む新しい高校への改編に取り組んでいます。

 平成29年度4月から、商業高校内に新学科創設係を設置し、平成30年度4月の開設を目指して準備を進めています。

 今後、6月から7月辺りに新学科の内容を県内の中学生に広く広報して参りたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。