「玉野市立高校在り方検討プロジェクト会議」を開催しました!

syougyou

  教育委員会では,これまで,玉野商業高校への機械系工業学科新設の可能性も含め,地元企業の即戦力となる人材育成に取り組む市立高校の在り方について検討を重ねてきました。企業の方々から御意見を伺うため,4月27日に標記会議を開催いたしました。

 プロジェクト会議では,工業系学科新設には資金調達・教員確保等の他,開設に時間を要することや工業系への就職希望者増への成果が見込まれない等の課題があり,スピード感を持って地元企業のニーズに応える取組をまずは進めていくという教育委員会の計画について協議いただきました。

 様々な地元工業系企業代表の方々から御意見を伺い,将来的な機械系工業学科の新設の可能性を探りつつ,まずはスピード感を持って「インターンシップ・コース選択制」を進めるという方向性で御賛同いただいております。

 これは,商業高校において,入学以降のキャリア教育を拡大・充実させ,地元企業調べや企業ガイダンス,企業見学等を取り入れ,商業系企業だけでなく,製造業に対する知識も学ばせ,将来設計の選択幅を広げていきながら,これまで希望者のみの実施であった2年次のインターンシップを2年生全員に行うこととし,「商業従事者コース」と「製造業従事者コース」をインターンシップ時に選択させるというものです。

 また,現行の「職人塾」への参加促進や,企業の協力による「ものづくり体験塾」(仮称)の実施も考えており,そういった取組の中で,生徒たちにこれまで以上に選択幅を広げて将来について考えさせていくというものです。

 また,玉野備南高校においても,できるだけインターンシップ参加を推奨していき,地元で熱心に働く若い力を育てていきます。

 今後は教育委員会と関係部局,学校が協議しながら,インターンシップ協力企業の拡大に取り組み,産官学連携教育推進体制を整えながら,平成29年度実施開始を目指して取り組んでいくこととなる予定です。

  今後とも御支援よろしくお願いいたします。