和田幼稚園で出前講座を開催しました!

開催日 平成26年9月17日(水)

対象  和田幼稚園の保護者の皆様

テーマ 「特別支援教育の視点に立って子育てを考える」

講師  学校教育課課長補佐 住田 義広

 和田幼稚園の保護者の皆様からのご依頼で,出前講座を開催しました。子育ての3つのポイントをお伝えし,これからの社会を生きる子どもたちに対して,保護者として大切にすること,ネット社会の危険性を伝えた後,発達障害についての理解と,今学校・園で取り組んでいる特別支援教育について紹介しました。

【子育て3つのポイント】

1 愛情を感じさせる(目を見て話す。ながら子育てはダメ!)

2 認める(子どもを受け止め,ほめる)

3 基本的生活習慣をしつける(事前の言い聞かせと後の賞賛による行動の定着)

 発達障害は子どもだけの問題ではなく,発達障害の大人の方も多いですが,特別支援教育は様々な環境の構造化や個別支援,「わかる授業」(授業のユニバーサルデザイン化)の取組等により,障害の特性による生活上・学習上の困難さを克服させていくことが目標であり,障害のある子どもたちのための取組はすべての子どもたちの成長に繋がるものです。 そして,一人一人の実態を正確に把握し,その子に合った指導支援をしていく特別支援教育の理念は,子育てにも繋がるものであり,保護者として自分の子どもの思いをじっくり把握し,ほめて育てることを大切にして欲しいとお伝えしました。

 今後も玉野市教育委員会は,市内の学校園と一枚岩となって,特別支援教育を推進しながら,すべての子どもたちが「たくましく学んでのびる」よう,取り組んで参りたいと思います。