まちかど出前講座 放課後児童クラブの指導員の方々へ講座を開きました。

講座のテーマは「発達障害の理解と支援」(9月3日開催)  

講師は玉野市教育委員会学校教育課課長補佐 住田 義広(指導主事)

 玉野の子どもたちの多くが利用する放課後児童クラブ。子どもたちの指導に取り組んでおられる指導員の方々にはいつも感謝しています。

  今年度は6月に「みんなで育てよう,子どもたち」というテーマで講座を開きましたので,2回目です。前回は子どもの発達段階から子育てに必要なポイントをお伝えしました。

◆愛情を感じさせること  

◆認めること  

◆基本的生活習慣のしつけ

 この3つのポイントを大切にしながら子どもの自尊感情を育むことの大切さをお知らせいたしました。  今回は,発達障害のある子どもへの支援について,説明しました。定型発達の子どもも障害のある子どもも同じように自尊感情を育むことが大切であり,子どもの実態把握をしっかりすること,しっかり認めながら心に寄り添うことの大切さを障害特性を踏まえながらお伝えしました。

 また,小学校との連携が大切であり,ともに玉野の子どもを育てている者として行動連携をしていくことを市内の小学校にもお願いしていることを知っていただきました。

 jisonn

今後とも,たまのっ子育成のためによろしくお願いいたします!