タブレットPCを活用した 新しい学びの形

H251220-2 今年度,玉野市の3つの小学校で1校あたり21台のタブレットPCを導入しました。タブレットPCを使うことで,いろいろなことができます。インターネットにつないで調べ学習をしたり,写真を撮って見せ合ったり,絵や文章で説明するため,手元の画面を大型モニタに映し出したり。新しい教育機器で,新しい学びの形が生み出されてきています。

 写真は日比小学H251220-1校の様子です。子どもたちがICTサポーターさんに使い方を聞きながら,担任の先生の指示で楽しそうに学んでいました。それぞれの学校で,どんな活動ができるか,いろんな工夫が始まっています。