玉野市の先生これだけは! ~ 子どもたちのために,全ての教職員がすべきこと ~

 学校の教職員は,子どもたちの「豊かな心」と「確かな学力」の育成を目指し,様々な教育実践を展開しています。効果的な教育実践のためには,目の前の子どもの実態に合わせた指導とともに,全教職員が指導方針を共通理解し,指導に取り組むことが大切です。
 この度,「わかる・できる・楽しい授業(授業のユニバーサルデザインの視点から)」「不登校対応のポイント(楽しいを実感できる学級づくりと学校復帰への働きかけ」「望ましい社会性の育成」の3つのテーマを設け,玉野市の全教職員が足並みをそろえて指導・支援できるよう,教職員向けのリーフレットを作成しました。
 どの項目も,教職員にとって当たり前のことですが,あえて「これだけは,全ての教職員が確実に取り組む!」と再確認することで,これまで以上に適切な指導と必要な支援を徹底していきたいと考えております。

 

玉野市の先生これだけは!シリーズ
(それぞれのタイトルをクリックするとPDFファイルが開きます)

「授業実践のポイント!」
わかった,できた,楽しい!を実感できる授業を目指して

「不登校対応のポイント!」
楽しいを実感できる学校づくり・集団づくりと学校復帰への働きかけ

「当たり前のことを当たり前にさせる指導の徹底」
児童生徒に望ましい社会性を育成するために